• ノルバスクと果物の摂取、多胞腎臓由来の高血圧治療

    2016年5月26日

    高血圧症治療薬として最も多く使用されているものの1つとしてノルバスク(アムロジピンベシル酸塩)が挙げられます。ノルバスクはファイザー社から発売された先発医薬品で、日本では他にも大日本住友製薬から発売されたアムロジンも先発医薬品です。日本では特許が切れているため、アムロジピンという成分名を商品名にした...

    記事の続きを読む