病院のイラストとノルバスク5mg

ノルバスク服用時はグレープフルーツに神経質になろう

高血圧症の治療のために、薬を飲んでいる人は、今の日本には少なくありません。
高血圧の薬を服用している人は、グレープフルーツを食べたり飲んだりしてはいけない、とよく言われています。
これには、合理的な理由があります。
決して、神経性の現象ではありません。
厳密に申しますと、高血圧症の治療薬の中でも、カルシウム拮抗薬がグレープフルーツと一緒に合わさると、副作用を引き起こすのです。
カルシウム拮抗薬の代表的なものには、ノルバスクがあります。
ノルバスクは効き目も良く、また、安全性の高い治療薬として、医療の現場では非常に高く評価されています。
しかし、ノルバスクはカルシウム拮抗薬に分類されますので、グレープフルーツはご法度なのです。
カルシウム拮抗薬ではない血圧の治療薬、たとえば、アンギオテンシン2I受容体拮抗薬、ACE阻害薬、利尿薬、α・β遮断薬などであれば、グレープフルーツは何の問題もありませんので、副作用に神経質になる必要はないのです。
カルシウム拮抗薬は、CYP3A4酵素というものによって分解代謝される仕組みになっていますが、グレープフルーツには、このCYP3A4酵素を阻害する物質を含んでいるのです。
ですから、ノルバスクを飲んでも、その成分が多く体の中に残ってしまうのです。
薬の成分がたくさん残ってしまいますと、カルシウム拮抗薬の働きである血管拡張作用が極端に強く出てしまいます。
そして、頭痛や顔面紅潮、動悸などの症状が出てきたり、あるいは、最悪の場合、死に至る状態となってしまうこともあります。
カルシウム拮抗薬を服用している人は、グレープフルーツを口にしてはいけない食べ物であると認識しておくのが正しいです。
薬の飲み方にも神経を使っておくことが大切です。